どうすればいいの?メールでの大容量のデータのやり取り

メールで大容量のデータをやり取りしたい

メールに添付ファイルを付けてデータのやり取りをしている人も多いでしょう。ただ、メールサービスの多くは添付ファイルの容量に制限があります。このため大きめの画像を送るのは難しい場合が多いです。動画は不可能なことがほとんどでしょう。大容量の添付ファイルをつけたところ、メールのサーバーから送信を拒否するメールが送られてきてしまったことのある人もいるかもしれません。メールで大容量のデータのやり取りをする方法を紹介します。

アップローダーを使う方法

インターネット上には大容量のデータをアップできるアップローダーというサービスがあります。こちらのサービスを利用して大容量のデータをやり取りすることが可能です。使い方は簡単です。アップローダーにデータをアップするとダウンロード用のURLが提供されます。そのURLをメールに書いておけば、受け取った人がアップローダーにアクセスしてデータをダウンロードできます。ただ、アップローダーは多くの人が利用するので、パスワードは設定できるとはいえセキュリティの面でやや不安があるかもしれません。ダウンロード用のURLが他人に知られる可能性もあります。

自分のアカウントを持つ

アップローダーはアカウントなしに誰でも利用できるサービスですが、インターネット上ではアカウントを持った上でデータをアップロードするサービスも提供されています。こちらのサービスはアカウントごとにデータをアップロードして専用のダウンロード用URLを作成できますので、アップローダーよりはセキュリティの面で安心でしょう。ダウンロード用URLは他人に知られる心配はありません。使い方はアップローダーと一緒です。データをアップロードしてダウンロード用のURLをメールに書き込むだけです。

添付ファイルとは、携帯やパソコンメールに添付する写真や音楽、エクセルなどのデータの事を指しています。