フランチャイズはシステム化されている為利点が多い!

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは大手企業から名前やシステム、経営方法を分けてもらい、営業する方法の事を指します。一番身近なもので言えばコンビニエンスストアです。また、フランチャイズを行う会社側の利点としては希望者に対して器具や什器等の提供や建物の建設の支援、援助等は行うものの全ての金額を出さずに自社と同じ名前の建物のをててる事が出来、自社製品の販売もしてくれ宣伝にもなる為、コンビニエンスストアは進んで出店を促しています。

フランチャイズのメリット

上記には会社側ののメリットを載せましたが、経営者側のメリットはどのようなものがあるでしょう。メリットとしては設立資金の援助がある、経営システムが既に出来上がっている為それに準じて営業する事が出来る。商品の安定供給が可能となっている。その会社の経営者自身が経営者として扱われる為フランチャイズであるものの自分の会社として持つことが出来る。と言ったメリットや特徴などが存在しています。自分でお店を持ちたい方には魅力的です。

フランチャイズのデメリット

自分で会社を経営する事が出来ると言いましたが、少なからずデメリットも存在します。まず、自分の都合のみで会社を辞めることが出来ないという事です。辞める為にはある程度の規則や期間、ノルマ等が必要となっている所がほとんどです。その他には本社の方針に従って営業する為、自分の好きな様に営業をする事が難しいです。中には名前だけ貸し後は自由という所も存在しますがかなり少ないです。それでも大丈夫な方にはフランチャイズはおすすめです。

代理店として営業を始める場合、手厚いサポートを受けることができ、経営のノウハウなどもしっかりと学べます。