安全と利便性の為に!フォークリフトの運用の際の心掛け

駐車エリアをしっかりと定める

フォークリフトは稼働している最中こそ頼もしいのですが、休憩中にこれらが通路を塞いだ状態で放置されていたりすれば、単に邪魔な存在でしかなくなってしまいますよね。やはりフォークリフトも一般の車同様、休憩や終業の際は邪魔にならない予め決められたエリアにまとめて駐車すべきでしょう。倉庫内であればこうしたスペースは確実に確保出来るでしょうし、それを見越した倉庫内のレイアウトとすべきなのです。もちろんカウンターフォーク等の大型フォークであれば、屋根付きの屋外エリアに駐車するのが理想的でしょう。

バッテリー充電や給油を行うスペースも

便利なフォークリフトと言えど、所詮は電気や燃料を利して稼働する車ですから、その動力源ともなる電気やガソリンの補給は大事な作業となりますよね。フォークリフトの効率的な運用の為に、駐車スペースの他にもスムーズに充電や給油が行えるスポットを設けておくのは大事でしょう。もちろん駐車スペースがそれらと兼用出来るのならそれに越した事はありません。ただ大型フォークリフトへのガソリン補給に関しては危険物取扱に関する法規を厳重に守り行う事が必須です。

稼働中のバッテリーや燃料切れが起きない様に

稼働中に突然フォークリフトが停まってしまうのは大変危険なものです。それらの主な原因として駆動系等のトラブル以外にバッテリー切れや燃料切れといった初歩的なミスも見られるものです。現在はこれらの残量が少なくなると警告を発してくれる車種も増えましたが、やはり最終的に頼りになるのは自分の目。フォークドライバーは常にバッテリーや燃料のチェックを行い、不足しそうな時点で定期的かつ速やかにこれらの補給に努めなければなりません。基本的な事ながらこれらの確認は安全にも必要な事でしょう。

フォークリフトの活用方法に関して興味があれば、専門的なテキストなどを積極的に利用をすることがオススメです。