コスプレイヤーにオススメ倉庫スタジオの魅力

倉庫の退廃的な雰囲気を活かす

倉庫というと基本的には収納のためにあるので、とにかくスペースが広いところ多く、その反面生活をしているような雰囲気はそれほど感じられないでしょう。掃除も行き届いていない場所もあり、ホコリが漂っていたり、鉄骨がむき出しだったりもします。そんな倉庫は刑事ものや犯罪者などの作品を撮影する場所として最適です。実際に倉庫で撮影を行う刑事ドラマも多く、刑事や犯罪者を撮影するときのロケーションの場所としては倉庫は最適といえるでしょう。

広いので色々な角度から撮影できる

倉庫で撮影をするメリットとして次にあげられるのが、撮影の自由度が高い点です。倉庫は収納のために天井が広く、また壁もあまりありません。撮影の際に障害となるものが少ないので、色々な角度から撮影ができたり、すごく高いところから俯瞰で撮影をすることも可能です。構図の幅が大変広くなるので、思い通りのシーンを撮影することができるでしょう。狭いスタジオ内ではできないことも、倉庫内ならば自由に表現できるのは大きな魅力です。

多少汚しても大丈夫な場合が多い

また倉庫のもう一つの魅力は血糊を使ったり、火を使うといった特殊な撮影が可能であることが多い点です。もちろん撮影後には現状復帰をするのが義務です。通常荘厳華麗な調度品があるようなスタジオでは場所を荒らすような撮影はできません。しかし倉庫内は床や鉄骨、柱などしか無く調度品も置いていないので、多少の汚れは許容されることがほとんどです。許可をきちんと取るのであれば煙を炊いたり水で濡らすといったシーンの撮影もできるケースが多いです。

3PLは、主に荷主に対して物流革命を提案して、物流業務を受託しています。物流体制の流れを管理しています。