派遣運転手の利用方法!一日派遣で役員運転手も可能!

運転手の派遣も可能になった!

派遣の仕事は多岐に渡り、現在、運転手の派遣も可能になっています。スポット派遣という形で、一日単位で運転手を派遣することができます。この方法を使えば、使用する企業・個人としては、利用料金を月単位・年単位での契約に比べて、抑えることができます。派遣の運転手は、働きたい時間が合えば働けるという、自分の都合に併せて働くことができます。低料金で優秀な派遣ドライバーを派遣する企業が、増えてきて、役員や海外のVIPなどもこの方法を利用しているようです。

派遣運転手の仕事とは?

派遣運転手は、プロのドライバーとしての仕事を行います。お金をもらっての運転ですので、運転のプロしての自覚をもって仕事に臨んでいるようです。会社の運転手や、デイサービスなどでの送迎もこなすマルチな運転手が重宝されている業界です。運転のプロですから、車種に関係なく運転することができる人ほど仕事をすることができます。セダンタイプの役員ドライバーから、ワゴンタイプのロケ車まで、いろいろな車を運転することが求められます。

派遣運転手の免許は?

ある会社の派遣運転手は、2種免許保持が条件とされています。そのため技術力には問題なくそつなく運転がこなせるようです。他方、普通免許のみでも派遣運転ができる場合がありますが、この場合人を乗せて走るのではなく、基本的にものを乗せて運転する業務に付くことを前提として募集しているようです。いわいる配送ドライバーなどが、その一例です。又は、車の移動を目的として、運転をすることがあるようです。派遣運転手も仕事によっては免許が必要な場合があります。

運転手の派遣の重要性については、様々なビジネスシーンにおいてピックアップされる機会が増加しています。