代理店型からダイレクト型へ人気が移行する自動車保険の主な3つの理由

自動車保険は従来代理店型が多数

自動車保険は、従来その代理店を通じて保険会社と契約される方が多数を占めていましたが、1998年に保険の自由化がされて以来、外資系の参入もあり、国内各保険会社では様々な商品開発が進むと伴にその販売方法でも工夫されています。その販売方法には、現在従来からある代理店型とダイレクト型に大別することができ、代理店型では担当者が常駐し身近に頼れる存在として顧客サービスが充実する特徴があります。一方で、ダイレクト型は保険会社と直接する為保険料の面で魅力があり、この他にも多様なニーズに対応したサービスが用意されていることから、現在では代理店型からダイレクト型に人気が移行する傾向にあります。

代理店を介さないダイレクト型自動車保険とは

ダイレクト型の自動車保険は、利用者と保険会社が直接契約を締結する保険形態です。代理店を通じて契約する場合と商品の内容自体は同じですが、代理店を介さない為その手数料等の中間マージンが省かれており、その分利用者の保険料に還元されています。また、多くのダイレクト型自動車保険はインターネット上で販売されており、代理店を抱える保険会社の他、現在ではネット上のみで運営する保険会社からも複数の商品が販売されている為、自宅に居ながらにして多くの選択肢から最適な商品を探すことができます。

代理店型にはないダイレクト型の魅力

ダイレクト型自動車保険に人気が移行する理由として、保険料の節約や商品及び付帯サービスの選択肢が多いことの他、特にインターネット販売と云う性質からも代理店型にはない魅力があります。例えば、加入以前の検討段階に於いて、自動車保険は車両や個人情報また付帯サービスの選択により保険料が異なる為、正確な数字の把握には見積が必須ですが、ダイレクト型ではその殆どの公式HP上から簡単に無料見積が依頼できます。そして、実際のサービスでは24時間対応し、万が一の事故や故障の場合でも代理店型と同等のサポート体制が取られています。また、特に限定割引などキャンペーンが多く実施されており、お得なダイレクト型を更にお得に利用が可能である点でも人気を集める魅力があります。

代理店の募集の特徴を知りたい場合には、様々な媒体を適切に利用することが大きなポイントとして挙げられます。