使用時に気をつけたい!データの転送方法の注意点

メール添付のデータサイズには注意

遠く離れた相手にデジタルデータを渡す場合、メールに添付して転送する手段があります。この方法は便利であるものの、使いどころを見極める必要があります。メール添付でデータを転送する場合には、転送するデータ量に配慮する必要があります。基本的にメールによるデータの転送では、大きなデータサイズを想定していません。データを記録するためのメールボックス容量が圧迫される恐れがあるため、できれば小サイズのデータのみの利用に控えるべきでしょう。

相手が分かりやすいようデータをメール添付

メールに添付されているデータは、時に信頼ができないものもあります。コンピューターウイルスの対策のため、メール添付のデータを安易に開けるわけにはいきません。そのため、メールにデータを添付して送信する場合には、その旨を分かりやすいよう知らせる必要がありますね。もし送り先の相手が重要なデータと認識できなければ、送信したデータが確認されないまま削除される可能性があります。事前に連絡しておけば、より確実に転送可能です。

メール添付データのフォーマットの違いに注意

メールにデータを添付して送信する場合、注意しておきたいのがデータのファイルフォーマットです。デジタルデータは、規則性に従って記録されています。フォーマットにあった再生方法でなければ、データを確認できません。どのような形式のファイルをメールに添付しているのか、メール文章内で知らせておくと確実でしょう。できれば、一般的によく利用されいるような、普遍性の高いフォーマットが有利です。相手は添付ファイルをすぐに確認できます。

大容量ファイルをオンラインストレージに保存することによって、ハードディスクの故障によるファイルの消失を避けることが出来ます。